茶道具の種類と価値

茶事に用いる様々な道具の総称を茶道具と言います。大きく分けると5つの種類になります。1つ目はお茶を点てる為の道具で茶碗や茶入れ等です。2つ目は床の間を飾る道具で掛物や花入れ等です。

3つ目は懐石の際に使う道具で膳や椀等、4つ目は待合や路地で使う道具の煙草盆や火入れ等、そしてお勝手で使う道具の茶掃箱や箱炭斗等です。初期の茶道具は唐物が多く用いられてきました。これはお茶は元々が中国から伝わった物だからです。和物と呼ばれる国産の茶道具が作られ、日本の茶道の発展と共に現在迄多くの茶道具が継承されて来ています。昔から由緒ある茶道具は、高価で取引されて来ました。名物と言われる逸品は茶道具の中でも特に価値が高く、中には重要文化財となっている物もあります。


茶道具には茶碗や鉄瓶、茶釜等、様々な種類があります。売る時に高価が付くのが、作家物かどうかが種類を問わず重要になります。茶道具で非常に高い価値があるのは、有名な作家により作られた作品です。

一見して同じに見える茶碗でも、作家物の茶碗とただの茶碗では価値の違いが、数十万円から数百万円の開きがあります。茶道具の作家が著名な事で、それを証明する事が出来ると茶道具に箔がつきます。


そして価値が一気に何倍も上がる事もあります。作家物かどうかを調べる方法は、落款や銘、他にはサイン等を探して見ます。しかし見つけても非常に読みづらい字体の物も、昔の落款やサインには多くあります。