茶道具の種類

茶道具といっても、様々な種類があります。茶碗、ほかには茶杓、茶筅などあります。そしてこれには季節などによって違いがあり、作った人によっても使用する素材、色や形、絵などが違ってきます。これらの茶道具は、一種の芸術品としても価値があるものが多いのです。


一つ一つ説明していくと、まず茶碗。これは茶を飲むための器です。季節によって使い分けられていて、深さのある茶碗は茶が冷めにくいようにしているため冬用で、浅い茶碗は茶が冷めやすいようになっているため夏用となっています。そして茶杓。これは茶をすくう道具です。色々な素材で作れることが多く、木材の他に、竹や象牙などで作られることがあります。20センチほどの長さで、作者の名が書かれていることが多いです。

使用した後、水洗いは絶対にしてはいけません。劣化の原因となります。必ず乾いた布などで綺麗に拭きましょう。そして次に茶筅。これは茶を点てる時に使います。主に竹で作られています。穂の荒い茶筅は濃茶、穂の細かい茶筅は薄茶を作る際に使います。使用後は穂の部分を水やぬるま湯などで洗います。ここで洗剤を使ってしまっては、劣化の原因となるのでやめましょう。


茶道具は茶を飲む時に使うものだけが茶道具ではありません。茶室に飾ってある掛け軸や香合、屏風なども茶道具なのです。これらは日本だけでなく、世界中でも芸術品として人気です。一番芸術品として価値が高いものは千利休が使ったとされるものが、高額で買い取られます。